【即日融資】今すぐお金を借りたい方のカードローン|最短審査30分

「給料日まであと3日なのに生活費が足りない…」
「急な冠婚葬祭費用をどうやって用意しよう…」

即日お金を借りるには最短審査30分の即日融資カードローンがぴったりです。

即日融資を受けるならプロミスがおすすめ!

即日融資のカードローンといいますと、審査が早いということで大手消費者金融が人気です。金融機関からの融資を受けるためには審査を受けなくてはなりませんが、審査にかかる最短時間は各カードローンごとで異なります。即日融資を受けるなら、審査の早さは最も重要なポイントとなるのです。

大手の消費者金融は銀行のカードローンと比べますと全体的に審査時間が早く、即日融資に適しています。もちろん、個人個人で属性にも違いがありますから審査に時間がかかってしまうこともあるわけですが、平均的にみても申込から3時間程度で借りられているケースが多いようです。

しかし、カードローンの審査時間が早くてもその日中に融資が受けられるとは限りません。即日融資を受けるためには、『即日融資可能』なカードローンのなかから、さらに審査が早く、即日で借りられる可能性の高いものを選んでいく必要があります。即日融資の可能性の高いカードローンの条件として、以下の条件が挙げられます。

・審査が早い
・即日融資可能な時間が長い
・振込融資以外の借入方法がある

これらすべての条件を満たしているのが、大手消費者金融のプロミスなのです。

1. 審査回答は最短30分

プロミスの審査は最短30分で回答となっています。即日融資カードローンの審査時間は「最短即日」というように具体的な時間まで明記していないものが多いのですが、そのなかで「最短30分」というのはきわめて審査スピードが早いことを示しています。

プロミスは即日融資の場合の申込方法も多様で、パソコンから、ケータイから、スマートフォンから、自動契約機から、三井住友銀行ローン申込機から、電話から、店頭窓口からと、申込者の都合に合わせた方法を選ぶことができます。

なかでもおすすめなのがパソコンやスマートフォンなどインターネットを利用した申込です。インターネットからでしたら24時間365日申込を受け付けています。時間や場所を選ぶことなく、必要だと思い立ったときに申込手続きができるのです。

インターネットからの申込ですと、自動審査時間は9:00〜21:00になります。審査時間は最短30分ではありますが、審査にどのくらいの時間がかかるかは申込をしてみなければわからないため、申込はなるべく早くに済ませましょう。

平日14:00までのWEB契約完了なら当日振込も可能

プロミスでは、来店不要の即日融資が可能です。平日14:00までにインターネットからの申込を済ませてWEB契約を完了した場合、当日振込も可能になります。
(※申込の時間帯によって、当日中の融資ができない場合もあります。)
(WEB契約の場合には必要書類をスマートフォンアプリを利用して送信するか、スキャナや携帯カメラなどで画像化して送信する必要があります。)

振込融資は即日融資カードローンにおいて最もポピュラーな融資方法ですが、デメリットとしては制限時間が短いという点です。振込という手続きの都合上、銀行の営業時間との兼ね合いがありますから15時までに振込が反映されなければ翌日以降の振込となってしまいます。そのため、即日融資カードローンではそれに間に合うように所定の手続きを終えなくてはなりません。

即日融資可能な銀行カードローンで「平日12:00までの契約完了なら即日融資可能」などといった条件がみられますが、しかし12時までに契約、となりますと、それまでに審査を終えていなければならないため、朝一番で申込をしなければまず即日融資を受けられない、ということになります。これでは即日融資可能な時間があまりにも短いですよね。

プロミスの場合には14時までの契約になりますから、それに比べますとある程度の時間の余裕があります。振込融資を希望される方は、申込時に契約方法選択の際、WEB契約を選択しましょう。

22:00まで営業の自動契約機で即日カード発行が可能

即日融資カードローンの融資方法として最も多いのが振込ですが、時間的に振込融資に間に合わない、というときでもプロミスなら大丈夫です。それは、自動契約機での即日カード発行が可能だからです。ローンカードがあれば、24時間いつでも提携ATMなどからお金を引き出すことができます。プロミスの自動契約機の営業時間は9:00〜22:00までと長いので、15時以降で即日融資を希望される方でも当日中の融資が間に合う可能性があるのです!(※一部21時もあります。)

自動契約機は申込から審査、契約、カード発行まで一連の手続きももちろん可能ですが、自動契約機のなかで審査の待ち時間を過ごすのも少し手持ち無沙汰というか時間が勿体ない気がしますよね。そこでおすすめなのが、先にインターネットで申込みを済ませ、審査が完了してから来店契約をするという方法です。

これでしたら審査結果がでてから来店しますので、もし万が一落ちてしまった場合に二度手間になりませんし、インターネット申込なら時間も場所も選ばずにできます。即日融資の場合、審査はどのくらいかかるか読めないためできるだけ早めに申込を済ませるのがベストですから、ネット申込後の来店契約を選択しましょう。

自動契約機での契約には必要書類の持参が必要となりますので、忘れずに用意し、契約にかかる時間などを考えてなるべく早くに来店しましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座なら『瞬フリ』も可能

既に当日振込での融資も間に合わない、けれど来店する暇がない…そんな方でも、特定の銀行口座をもしお持ちでしたらまだまだ当日振込のチャンスが残っています!プロミスでは、平日14:00を過ぎていても、下記銀行口座をお持ちでプロミスに登録している方は『瞬フリ』と呼ばれるサービスを利用することができるのです。

・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行

この『瞬フリ』はどういったサービスなのか?といいますと、通常ならば銀行の営業時間内でしか反映されない振込融資が、24時間最短10秒で可能になるというものです。曜日も平日・土日祝日問わず、メンテナンス時間と元旦を除いて振込手数料0円で24時間利用できます。

プロミスなら他にもメリットがたくさんある!

プロミスなら、即日融資に関すること以外にもメリットがたくさんあります!まずなんといってもプロミスと言えば、30日間の無利息サービス期間ですよね。はじめてプロミスを利用する方のうち、

・Eメールアドレスの登録
・書面の受取方法をWEB明細にすることを選択

この条件にあてはまる方はカードローンが30日間無利息で利用できます。無利息サービスをしているカードローンは他にもありますが、プロミスのいいところは、「初回出金の翌日から30日間」が無利息であるという点です。他のカードローンですと、「契約日の翌日から30日間」などといった設定になっているため、契約日から数日してから出金した場合には、無利息期間が数日分無駄になってしまうのです。一方プロミスは初回出金の翌日から30日間となっていますので、実際に利用した日の次の日からの無利息となり、無駄なくサービスを利用できるようになっているのです。

他にもプロミスでは、女性が利用しやすいよう女性専用ダイヤル「プロミスコール」というサービスがあります。女性オペレーターが申込や取引の相談にのってくれるので、女性の方も安心して利用することができます。また、三井住友銀行の提携ATM手数料がいつでも無料であるという点、自動契約機の設置台数が大手消費者金融のなかでも多いという点など、さまざまなメリットがあるのです。

このようなことから、即日融資カードローンは即日で借りられる可能性が高いだけでなく全体的なサービスの水準も高いプロミスがだんぜんおすすめなのです。