即日融資なら収入証明書不要のものを

カードローンを利用の際には必ず提出しなければならない必要書類があります。それは本人確認書類です。運転免許証や健康保険証、パスポートなどといった身分証明書は本人確認書類としてカードローン契約時に必ず必要となりますが、それ以外にも場合によっては必要となる書類があります。それは収入証明書です。

収入証明書は本人確認書類のように、カードローン作成時に必ず必要となるわけではありませんが、借入する額によっては必要となってきます。収入証明書類にはどういったものがあるのかといいますと、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書、給与明細書などといった書類がそれに該当します。

Disfruta de una dentadura sana ortodoncia en bilbao y bonita. 免許証や健康保険証など、普段からお財布に入っているもので済む本人確認書類に対して、収入証明書は会社や役所から発行されるものであったりと今すぐ用意できるものではないため、即日融資を希望する場合にはこの収入証明書の提出に注意が必要なわけです。では具体的に、どのくらいの額を借入すれば収入証明書類の提出がもとめられるのか?といいますと、これは消費者金融など貸金業者の場合と銀行カードローンの場合とで違ってきます。

【消費者金融など貸金業者の場合】
貸金業法の総量規制には、収入を明らかにする書面の提出が次のように定められています。
・貸金業者が自社からの貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合
・複数の貸金業者からの貸付けの総残高が100万円を超える貸付けを行う場合

【銀行カードローンの場合】
銀行カードローンには収入証明書の提出義務というのは法的に定められておらず、各銀行ごとで違いがあります。なかには最高300万円まで収入証明書不要というところもあります。

即日融資を希望する場合には、収入証明書がすぐに用意できるのであればいいのですが、もしそうではない場合できるだけ収入証明書不要で借りられるようカードローン選び、また借入額の調整をしましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.